【徹底比較】SWELLとDIVERはどっちがおすすめ!?完全に〇〇〇〇〇

SWELL DIVER 比較

どうもこんにちは!すけでぃー(@suked_blog)です!

あなた

有料ワードプレステーマのDIVERとSWELLで迷ってるんだけど、どっちがおすすめ?
価格的には同じくらいだから性能も似たりよったり?

そんなお悩みにお答えしていきます!

本記事で分かること
  • DIVERとSWELLをポイントごとに比較
  • DIVERのデメリットと特徴
  • SWELLのデメリットと特徴
  • あなたはどちらを選ぶべきか
本記事はこんな人が書いてます。
  • 副業ブロガー
  • ブログ最高月収5桁
  • これまでに4テーマを経験
  • 現在のテーマはSWELL
  • 3つのブログを運営
ブログ
最&高!

初めに結論だけ言いますと、『無期限無制限の質問ができて多機能がいいならDIVER』、『必要最小限の機能でブロックエディターを自在に操りたいならSWELL』が僕の答えです。

その結論に至った理由を詳しく解説していきますね!

すけでぃー

本記事を読めば、テーマ選びで失敗することを防げますよ!

\ 今よりブログが楽しくなる /

\ 初心者でも手とり足とり徹底サポート /

目次

SWELLとDIVERの基本スペック比較

比較項目SWELLDIVER
価格(税込)17600円17980円
総合評価
評判
デザイン性
初心者向け
カスタマイズ性
使いやすさ
表示スピード
ブロックエディター
複数サイト
使用可能
利用者数
  • あくまで僕の感想です。
  • 評判はTwitter調べです。
  • 利用者数、価格は2020年11月現在のものです。

>>SWELLの基本情報を全体的に押さえたい方は、『ワードプレステーマ『SWELL』?知られざる魅力と弱点を解説』の記事からご覧いただいた方がスムーズです。

すけでぃー

ここまでは基本データ!
一歩踏み込んで見ていきましょう!

テーマ選びのポイント5項目で徹底比較

ワードプレステーマを選ぶポイントは5個

テーマを選ぶときに必ず確認しておきたい5項目があります。

  • デザイン性
  • 初心者向けか上級者向けか
  • 使いやすさ
  • 複数サイト使用可能か
  • ブロックエディター対応力

SWELLとDIVERが上記項目に対してどのくらいのレベルなのかを見ていきましょう。

すけでぃー

上記5項目は後から後悔するランキングベスト5!

有料テーマはSEO対策されているのが当たり前なので、比較対象とはしていません。

デザイン性

SWELLDIVER
デザイン性

SWELLもDIVERもシャープでスタイリッシュ系のデザインです。

しかしサイトの質感には違いがあり、ページ切り替えのときSWELLは流れるように『ジワッ』と表示されるのに対し、DIVERは『さっと』画面が切り替わるようなイメージ。

すけでぃー

マニアックですが人によっては好みが分かれる部分かと!

一度公式サイトでチェックしてみてください!

DIVER デザイン
DIVER デザイン
SWELL デザイン
SWELL デザイン

デザインの系統は似ていて、表示も好みなので引き分けです!

初心者向けか

SWELLDIVER
初心者向けか

SWELLの方が初心者さんには扱いやすいです。
まずは下記表をごらんください。

SWELL
DIVER
  • 会員限定の質問フォーラムで開発者さんや会員さんに質問できる
  • カスタマイズ性は必要最小限
  • ネット上にカスタマイズ情報が少ない
  • 着せ替え6種類あり
  • 運営者に無期限無制限で直接メール質問できる
  • カスタマイズ性が多い
  • ネット上にカスタマイズ情報が多い
  • 着せ替え機能なし
すけでぃー

初心者さんが困ったときに質問できる環境はどちらもあるので問題ないですね。

問題はカスタマイズ性の差です。

多機能であればあるほど扱うのは難しくなり、上級者向けのテーマになっていきます。

また、DIVERには着せ替え機能がありません
初心者の多くの方はまず着せ替え機能で、ある程度のデザインを確保したいものです。

すけでぃー

初心者に着せ替え機能はほぼ必須!

SWELL 着せ替え
SWELL 着せ替え

必要最小限の機能が詰まった、初心者に優しいSWELLの勝利!

使いやすさ

SWELLDIVER
使いやすさ

SWELLの方がブロックエディター完全対応で使いやすいです。

DIVERには入力補助機能という、ボタン一つで装飾を行うことができる機能があります。

DIVER 入力補助機能
DIVER 入力補助機能

その機能がクラシックエディターでは23種類あるのに対し、ブロックエディターでは11種類に制限されているんです。

すけでぃー

SWELLはブロックエディター推奨、DIVERはクラシックエディター推奨ということになりますね!

ブロックエディターもクラシックエディターも両方がっつり使ったことがある僕としては、慣れれば圧倒的にブロックエディターの方が使いやすいです。

その他エディター以外で使いやすさにはそこまで差がありません。

ブロックエディターが使いやすいSWELLの勝利!

複数サイト使用可能か

SWELLDIVER
複数サイト使用可能

SWELLもDIVERも複数サイトで使用可能です。

すけでぃー

特に問題なく複数サイトで使用確認できてます。

複数サイト使用は引き分け!

ブロックディター対応力

SWELLDIVER
ブロックエディター対応力

先ほどもお話したとおり、ブロックエディター対応力はSWELLの方が上です。
専用ブロックが充実しているからですね!

SWELL専用ブロック一覧
SWELL専用ブロック一覧
SWELL専用ブロック一覧
DIVER専用ブロック一覧
DIVER 専用ブロック一覧
DIVER 専用ブロック一覧

2021年12月31日をもって『クラシックエディター』の公式サポートは終了します。
WordPress.org公式サイト「Classic Editor Plugin Support Window」より

すけでぃー

今後のブログ運営を考えれば、必然的にブロックエディターがマスト!

ブロックエディター対応力はSWELLの勝利!


すけでぃー

以上5項目から、どっちがおすすめか発表です!

比較項目結果
デザイン性引き分け
初心者向けかSWELLの勝利
使いやすさSWELLの勝利
複数サイト使用可能引き分け
ブロックエディター対応力SWELLの勝利

結果発表!

2引き分け、SWELLが3勝で、、、

SWELLの勝利です!

\ 今よりブログが楽しくなる /

\ 初心者でも手とり足とり徹底サポート /

SWELLびいきな結果に見えてしまうかもしれませんが事実です。

すけでぃー

DIVERも悪いテーマではないですが、クラシックエディターとブロックエディターどっちつかずなのが気になりますね…

DIVERのデメリットと特徴

DIVER

SWELLにはなくてDIVERにだけあるデメリットと特徴を見ていきましょう!

DIVERのデメリット

まずはデメリットからです。

ビジュアルエディター→テキストエディターへ変更できないバグが発生

クラシックエディターで記事を書いているとき、ビジュアルディター→テキストエディターに変更できない不具合が報告されていました。

ビジュアルエディターだけで記事を書くならいいですが、効率を求めるとテキストエディターの方が上です。

すけでぃー

さらに効率を求めるとブロックエディターの方が効率は上ですけどね!

何度も言いますが…

2021年12月31日をもって『クラシックエディター』の公式サポートは終了します。
WordPress.org公式サイト「Classic Editor Plugin Support Window」より

プラグインの数が多くなる

SWELLに比べてDIVERの方がプラグインの数が多くなります。

プラグインの数が多くなると不具合発生の原因になるので、極力少ないほうが良いです。

すけでぃー

DIVERのデメリットというかSWELLの優秀さでもありますね!

具体的にどんなプラグインが増えるかというと…

  • クラシックエディター・・・ブロックエディターの代用旧エディター
  • AddQuicktag・・・ワンタッチでプログラムコードの入力ができる
  • Table of Contents Plus・・・目次を自動で表示してくれる

クラシックエディターとAddQuicktagはブロックエディターなら不要、目次表示プラグインはSWELLなら標準搭載なんです。

プラグインが減ればサイトの高速化にも貢献します!

DIVERだけの特徴-入力補助機能

DIVER 入力補助機能

DIVERといえばやはり入力補助機能です。

入力補助機能は初心者さんに扱いやすい機能ですが、正直ブロックエディターの劣化版と言った印象。

すけでぃー

ブロックエディターは全てが入力補助機能付きみたいなものですからね!

クラシックエディターを使うテーマの中では唯一入力補助機能がありますが、ブロックエディターが登場した現在、なんとも言えないかんじですね。


DIVERだけの特徴
デメリット
  • 入力補助機能がある
  • クラシックエディターでバグが発生
  • プラグインの数が多くなる

 

SWELLのデメリットと特徴

SWELLHP

続いてDIVERにはないSWELLのデメリットを見ていきましょう!

SWELLのデメリット

開発者が了さん一人

メリットでもありデメリットでもあるのですが、SWELLの開発は了さん(@ddryo_loos)というエンジニアが一人で行っています。

了さんの強い思いからこれからも一人で行っていく予定だそうです。
そんな了さんの思いを少しだけごらんください。

複数の専門家が集まって知識を詰め込んだものより、一人がバカみたいにこだわりを持って寝食も忘れるほど没頭して作っているものの方が僕は好きだし、ワクワクしちゃうんですよね。

今日の素敵アカウントSWELL個人開発者の了さん「テーマ制作に人生をかける想い」より
すけでぃー

めちゃくちゃ熱い!
かっこいい!!

とつい思ってしまいますがそんな熱い思いの裏を見ると、『了さんが倒れたらどうなるの?』ともとれますよね。
(縁起でもないこと言ってすいません。)

確かに了さんが倒れたらSWELLのアップデートは途切れてしまいますが、他のテーマでも同じであることに気づいたんですよね。

すけでぃー

メインの開発者さんが倒れたり、テーマ制作会社自体が潰れたら同じことですもんね!

それよりも今最高のテーマを使えるほうがメリットは大きいです!

カスタマイズ情報は少ない

SWELLは比較的新しいテーマなので、カスタマイズ情報が少ないです。

SWELL標準のカスタマイズで大満足レベルですが、すでに別テーマでカスマイズしまくっている人はSWELLでもできるか見ておいたほうがいいです。

僕はSWELLにしてから一度もCSSなどのプログラムをいじっておらず、全てブロックエディターとSWELL標準のカスタマイズだけでサイトを作り上げています。

すけでぃー

ブロックエディターによってサイトデザインは自由自在!

SWELLだけの特徴-テーマ移行プラグインがある

SWELLは他テーマからの移行をサポートしてくれて、見た目をある程度維持してくれます。

すけでぃー

テーマ移行中のぐちゃぐちゃなサイトを読者さんに見せれないので、普通のテーマなら一旦サイトを閉鎖することも…!!!

しかしSWELLへの移行ならデザインをある程度保ってくれて、『読めなくはないかな』というレベルまではもっていくことができるんです。

SWELLへの移行プラグインが使えるのは以下のテーマです。

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

さらにSWELLは他テーマへの移行のことも考えられています!

通常『メタタグ』と呼ばれるSEO対策に必要な情報はテーマの中に入っています。

すけでぃー

つまりテーマを移行すればSEOの情報が失われてしまうということです。

しかしSWELLは、メタタグを他テーマへ出力することができちゃいます!
つまり、SEO対策が強いまま移行できるということ!

すけでぃー

他テーマからの移行だけでなく、他テーマへの移行までサポートしてくれるのは懐が大きすぎる!


SWELLだけの特徴
デメリット
  • テーマ移行プラグインがある
  • 開発者が了さん一人
  • カスタマイズ情報は少ない

>>SWELLのレビューについては、『SWELLのメリット・デメリットを徹底レビュー!【他では聞けない】』で詳しく書いているので参考にしてください。

SWELLとDIVERの徹底比較 まとめ

まとめ

今回は人気テーマであるDIVERとSWELLを徹底比較していきました!

再度結論を言いますと、『無期限無制限の質問ができて多機能がいいならDIVER』、『必要最小限の機能でブロックエディターを自在に操りたいならSWELL』です。

SWELLの方が新しいテーマなので当然といえば当然ですが、DIVERより優秀な感じが否めません。

とはいえ、見た目的に好きならそれはそれで理由としては全然あり。

すけでぃー

結局見た目が気に入らないとブログは楽しくない!

気になったテーマをチェックしてみてくださいね!

\ 今よりブログが楽しくなる /

\ 初心者でも手とり足とり徹底サポート /

>>『【徹底比較】『SWELL』VS『人気ワードプレステーマ』【2020最新】』で他テーマとも比較してるので、そちらも見ていってくださいねー!

それでは!すけでぃー(@suked_blog)でした!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる