【徹底比較】SANGOとSWELLはどっちがおすすめ?最後はデザインでOK

SWELL SANGO 比較

どうもこんにちは!すけでぃー(@suked_blog)です!

あなた

有料ワードプレステーマのSANGOとSWELLで迷ってるんだけど、どっちがおすすめ?
使いやすさや性能面でも比較していきたい!

そんなお悩みにお答えしていきます!

本記事で分かること
  • SANGOとSWELLをポイントごとに比較
  • SANGOのデメリットと特徴
  • SWELLのデメリットと特徴
  • あなたはどちらを選ぶべきか
本記事はこんな人が書いてます。
  • 副業ブロガー
  • ブログ最高月収5桁
  • これまでに4テーマを経験
  • 現在のテーマはSWELL
  • 3つのブログを運営
ブログ
最&高!

初めに結論だけ言いますと、『クラシックエディターでほんわかデザインを楽しみたいならSANGO』、『ブロックディターでシャープなデザインを操りたいならSWELL』が僕の答えです。

その結論に至った理由を詳しく解説していきますね!

すけでぃー

本記事を読めば、テーマ選びで失敗することを防げますよ!

\ 今よりブログが楽しくなる /

\ 他にはないマテリアルデザイン /

目次

SWELLとSANGOの基本スペック比較

比較項目SWELLSANGO
価格(税込)17600円11000円
総合評価
評判
デザイン性
初心者向け
カスタマイズ性
使いやすさ
表示スピード
ブロックエディター
複数サイト
使用可能
利用者数
  • あくまで僕の感想です。
  • 評判はTwitter調べです。
  • 利用者数、価格は2020年11月現在のものです。

>>SWELLの基本情報を全体的に押さえたい方は、『ワードプレステーマ『SWELL』?知られざる魅力と弱点を解説』の記事からご覧いただいた方がスムーズです。

すけでぃー

ここまでは基本データ!
一歩踏み込んで見ていきましょう!

テーマ選びのポイント5項目で徹底比較

ワードプレステーマを選ぶポイントは5個

テーマを選ぶときに必ず確認しておきたい5項目があります。

  • デザイン性
  • 初心者向けか上級者向けか
  • 使いやすさ
  • 複数サイト使用可能か
  • ブロックエディター対応力

SWELLとSANGOが上記項目に対してどのくらいのレベルなのかを見ていきましょう。

すけでぃー

上記5項目は後から後悔するランキングベスト5!

有料テーマはSEO対策されているのが当たり前なので、比較対象とはしていません。

デザイン性

SWELLSANGO
デザイン性

SWELLとSANGOのデザインは大きく異なります。

  • SWELL:シャープでスタイリッシュなデザイン
  • SANGO:ほんわか温まるマテリアルデザイン

こればかりは好き嫌いなのでなんとも言えませんが、SANGOのデザインの方が希少性は高いです。

最近のテーマはシャープでスタイリッシュなデザインが多いので、SANGOのデザインは目を引くものがあります。

すけでぃー

とはいえSWELLのデザインもめちゃくちゃカッコいいので、やはり好みですねw

一つSANGOのデザインで注意点があって、下手にデザインするとSANGOのイメージを崩してしまいます。

サイト全体のイメージを統一できて、デザインが好きな人におすすめのテーマであると言えますね!

SWELL デザイン
SWELL デザイン
SANGO デザイン
SANGO デザイン

どちらも良いデザインですが希少性という面でSANGOの勝利!

初心者向けか

SWELLSANGO
初心者向けか

SWELLの方が初心者さんには扱いやすく、SANGOは初心者向けではありません。
まずは下記表をごらんください。

SWELL
SANGO
  • 会員限定の質問フォーラムで開発者さんや会員さんに質問できる
  • 公式のマニュアルが分かりやすい
  • カスタマイズ性は必要最小限
  • ネット上にカスタマイズ情報が少ない
  • 着せ替え6種類あり
  • 質問フォーラムがない
  • 公式のマニュアルは分かりやすい
  • カスタマイズ性が多い
  • ネット上にカスタマイズ情報が多い
  • 着せ替えがない

SANGOはカスタマイズ性が多い割に質問フォーラムがありません。

公式のマニュアルか個人ブログの情報を参考に、自分でカスタマイズする必要があります。

一応お問い合わせすることはできますが、SANGO公式に下記の記述がされています。

利用規約にも記載のある通り、導入やカスタマイズの個別サポートは対応しておりません。SANGOが原因と考えられるバグが生じている場合のみ、こちらのフォームをご利用ください。

SANGOに関するお問い合わせから転載
すけでぃー

とにかく記事執筆に時間をかけたい初心者さんにとって、質問フォーラムがないのは厳しい環境かもですね。

またSWELLには以下のようにデザインをワンタッチ変更できる『着せ替え』がありますが、SANGOにはありません。

着せ替えできると作業時間を圧倒的に短縮することができます。

SWELL 着せ替え
SWELL 着せ替え

質問フォーラムや着せ替えで初心者に優しいSWELLの勝利!

使いやすさ

SWELLSANGO
使いやすさ

エディター機能の差でSWELLの方が使いやすく、最も大きな違いとして推奨エディターの違いです。

  • SWELLはブロックエディター推奨テーマ
  • SANGOはクラシックエディター推奨テーマ

ブロック・クラシックともにガッツリ使ったことがある身としては、ブロックエディターの方が圧倒的に使いやすいです。

すけでぃー

この時点でSWELLの使いやすさに勝つのは難しいです。

また一長一短ありますが、SWELLとSANGOは装飾のバリエーションに大きな違いがあります。

SWELL
SANGO
  • 見出しの種類が20種類
  • ボタンの種類が5種類
  • ボックスの種類が28種類
  • 箇条書きの種類が7種類
  • 見出しの種類が30種類以上
  • ボタンの種類が30種類以上
  • ボックスの種類が30種類以上
  • 箇条書きの種類が20種類以上

多すぎる装飾は迷う元になってしまうので、必要最低限の装飾のほうが使いやすいです。

すけでぃー

全部の装飾を使いこなすのは難しすぎるし、統一性がなくなるなんてことも…!

ブロックエディターと必要最低限の機能が使いやすいSWELLの勝利!

複数サイト使用可能か

SWELLSANGO
複数サイト使用可能

SWELLもSANGOも複数サイトで使用可能です。

すけでぃー

『複数サイト使用可能』はテーマの必須条件!

複数サイト使用は引き分け!

ブロックディター対応力

SWELLSANGO
ブロックエディター対応力

ブロックエディター対応力はSWELLの方が上です。

SWELL専用ブロック一覧
SWELL専用ブロック一覧
SWELL専用ブロック一覧
SANGO専用のブロック
  • 見出し
  • ボックス
  • アコーディオン
  • 吹き出し
  • 蛍光ペン

見て分かる通りSANGO専用のブロックは少なく、とても快適にエディターできるレベルではありません。

この差は当然の事実で、テーマ制作背景を見れば理由がみえてきます。

  • SANGOはクラシックエディター使用前提で登場、2018年ブロックエディターの登場により徐々に対応。
  • SWELLはブロックエディターの登場を理由に開発、完全対応テーマとして誕生。

ブロックエディター対応力はSWELLの勝利!


すけでぃー

以上5項目から、どっちがおすすめか発表です!

比較項目結果
デザイン性SANGOの勝利
初心者向けかSWELLの勝利
使いやすさSWELLの勝利
複数サイト使用可能引き分け
ブロックエディター対応力SWELLの勝利

結果発表!

1引き分け、SANGOが1勝、SWELLが3勝で、、、

SWELLの勝利です!

\ 今よりブログが楽しくなる /

\ 他にはないマテリアルデザイン /

SANGOのデメリットと特徴

SANGO

ここまでの比較では見えてこなかった、SANGOのデメリットと特徴を見ていきましょう!

SANGOのデメリット

まずはデメリットからです。

トップページデザインのカスタマイズ性が狭い

全体的にカスタマイズ性の広いSANGOですが、トップページに関してそうでもありません。

特に目立つ部分だと以下の点があります。

  • 記事スライダーは表示できない
  • カテゴリーページをボタン表示できない

記事スライダーやカテゴリーページが分かりやすかったので、有名ブロガーサンツォさんの『ブログ部』を掲載させていただきました。

SANGO ブログ部

プログラムコードによってこのような機能を追加することはできますが、初心者さんには難しいです。

すけでぃー

スライダーなどを簡単に作りたくて有料テーマにする方もいるはず!

SANGOの代表的なトップページはこんな感じですね。

SANGO TOP

SANGOはSANGOでシンプルデザインが良かったりしますけどね!

プラグインの数が多くなる

SANGOはSWELLよりも、以下のように多くのプラグインを導入する必要があります。

  1. Classic Editor or SANGO Gutenberg:クラシックエディターかブロックエディターどちらを使うにせよプラグインが必要
  2. AddQuicktag:プログラムコードワンタッチ入力
  3. Table of Contents Plus:目次自動生成
  4. Lazy Load:画像遅延読み込み
  5. Autoptimize:表示速度改善

プラグインを増やすと不具合の元なので、できるだけ数は減らしたほうが良いです。

すけでぃー

SWELLは上記プラグインの機能が標準装備か不要なので、導入する必要がありません!

SWELLの場合、

  • ①、②はブロックエディター完全対応で不要
  • ③、④は標準装備
  • 表示速度が元から速いので⑤は不要

有料テーマの中でSANGOが劣っているというか、SWELLの優れている部分といったほうが正しいですね!

SANGOの特徴-圧倒的にコスパが良い

『有料ブログテーマの中で最もコスパが良いテーマはどれ?』と聞かれたらSANGOだと答えます。

複数のサイトで使い回せるテーマは、SANGO以外15000円前後です。

SANGOは高機能であり11000円(税込)なので、コスパ重視の方には申し分ないテーマといえます。

すけでぃー

無料テーマでプログラムに慣れたきた人に、次の一歩としておすすめしたいテーマですね!


SANGO
デメリット
  • 圧倒的にコスパが良い
  • トップページのカスタマイズ性が狭い
  • プラグインの数が多くなる

 

SWELLのデメリットと特徴

SWELLHP

続いてSANGOにはないSWELLのデメリットを見ていきましょう!

SWELLのデメリット

SWELLにもデメリットはあります!

価格が少し高い

他ワードプレステーマに比べると、SWELLは17600円(税込)で価格が高めです。

しかしその価格には理由があって、ワードプレステーマの価格帯にはこんな相場があります。

複数サイト使用不可+テキストエディター推奨(SANGOは使用可能)10000円前後
複数サイト使用可能+テキストエディター推奨15000円前後
複数サイト使用可能+ブロックエディター完全対応18000円前後
すけでぃー

SANGOと比べると高いのが目立ってしまいますね。

ブロックエディター完全対応テーマの宿命と、割り切るしかないようです!

カスタマイズ情報は少ない

SWELLは比較的新しいテーマなので、カスタマイズ情報が少ないです。

SWELL標準のカスタマイズで大満足レベルですが、すでに別テーマでカスマイズしまくっている人はSWELLでもできるか見ておいたほうがいいです。

僕はSWELLにしてから一度もCSSなどのプログラムをいじっておらず、全てブロックエディターとSWELL標準のカスタマイズだけでサイトを作り上げています。

すけでぃー

ブロックエディターによってサイトデザインは自由自在!

開発者が了さん一人

メリットでもありデメリットでもあるのですが、SWELLの開発は了さん(@ddryo_loos)というエンジニアが一人で行っています。

了さんの強い思いからこれからも一人で行っていく予定だそうです。
そんな了さんの思いを少しだけごらんください。

複数の専門家が集まって知識を詰め込んだものより、一人がバカみたいにこだわりを持って寝食も忘れるほど没頭して作っているものの方が僕は好きだし、ワクワクしちゃうんですよね。

今日の素敵アカウントSWELL個人開発者の了さん「テーマ制作に人生をかける想い」より
すけでぃー

めちゃくちゃ熱い!
かっこいい!!

とつい思ってしまいますがそんな熱い思いの裏を見ると、『了さんが倒れたらどうなるの?』ともとれますよね。
(縁起でもないこと言ってすいません。)

確かに了さんが倒れたらSWELLのアップデートは途切れてしまいますが、他のテーマでも同じであることに気づいたんですよね。

すけでぃー

メインの開発者さんが倒れたり、テーマ制作会社自体が潰れたら同じことですもんね!

それよりも今最高のテーマを使えるほうがメリットは大きいです!

SWELLだけの特徴-テーマ移行プラグインがある

SWELLは他テーマからの移行をサポートしてくれて、見た目をある程度維持してくれます。

すけでぃー

テーマ移行中のぐちゃぐちゃなサイトを読者さんに見せれないので、普通のテーマなら一旦サイトを閉鎖することも…!!!

しかしSWELLへの移行ならデザインをある程度保ってくれて、『読めなくはないかな』というレベルまではもっていくことができるんです。

SWELLへの移行プラグインが使えるのは以下のテーマです。

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

さらにSWELLは他テーマへの移行のことも考えられています!

通常『メタタグ』と呼ばれるSEO対策に必要な情報はテーマの中に入っています。

すけでぃー

つまりSANGO→SWELLなどテーマを移行すれば、SEOの情報が失われてしまうということです。

しかしSWELLは、メタタグを他テーマへ出力することができちゃいます!
つまり、SEO対策が強いまま移行できるということ!

すけでぃー

他テーマからの移行だけでなく、他テーマへの移行までサポートしてくれるのは懐が大きすぎる!


SWELLだけの特徴
デメリット
  • テーマ移行プラグインがある
  • 価格が少し高い
  • カスタマイズ情報は少ない
  • 開発者が了さん一人

>>SWELLのレビューについては、『SWELLのメリット・デメリットを徹底レビュー!【他では聞けない】』で詳しく書いているので参考にしてください。

SWELLとSANGOの徹底比較 まとめ

まとめ

今回は人気テーマであるSANGOとSWELLを徹底比較していきました!

再度結論を言いますと、『クラシックエディターでほんわかデザインを楽しみたいならSANGO』、『ブロックディターでシャープなデザインを操りたいならSWELL』です。

有料テーマなので性能に差はあれど、見た目が気に入らなければ楽しくブログを書くことはできません。

すけでぃー

なので迷ったら最後は見た目で決めてしまうのも全然ありです。

気になったテーマをチェックしてみてくださいね!

\ 今よりブログが楽しくなる /

\他にはないマテリアルデザイン /

>>『【徹底比較】『SWELL』VS『人気ワードプレステーマ』【2020最新】』で他テーマとも比較してるので、そちらも見ていってくださいねー!

それでは!すけでぃー(@suked_blog)でした!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる