【徹底比較】JINからSWELLに乗り換えた感想は?【SWELLでOK】

SWELL JIN 徹底比較

どうもこんにちは!すけでぃー(@suked_blog)です!

あなた

有料ワードプレステーマを検討しているんだけど、
SWELLとJINどっちがいいの?
どっちも評判良くて選べない!

そんなお悩みにお答えするべく、JINからSWELLに乗り換えた僕が解説します。

本記事で分かること
  • JINとSWELLをポイントごとに比較
  • JINのデメリット
  • SWELLのデメリット
  • あなたはどちらを選ぶべきか
本記事はこんな人が書いてます。
  • 副業ブロガー
  • ブログ最高月収5桁
  • これまでに4テーマを経験
  • 現在のテーマはSWELL
  • 3つのブログを運営
ブログ
最&高!

有料ワードプレステーマ選びは本当に迷いますよね。

すけでぃー

僕も迷いすぎて、全部買ってしまおうかと混乱していたくらいです。

特にSWELLとJINは評判が高いテーマなので、もう何を決め手にするか分からなくなってきませんか?

本記事では過去の僕のようにJINかSWELLで迷っているあなたに向けて、どっちを選ぶべきか解説していきます。

初めに結論だけ言いますと、『完全初心者がスムーズに始めたいならJIN』、『今後の快適さを求めるならSWELL』が僕の答えです。

その結論に至った理由を詳しく解説していきますね!

すけでぃー

本記事を読めば、テーマ選びで失敗することを防げますよ!

\ 今よりブログが楽しくなる /

\ 初期設定が楽すぎる /

目次

SWELLとJINの基本スペック比較

比較項目SWELLJIN
価格(税込)17600円14800円
総合評価
評判
デザイン性
カスタマイズ性
初心者向け
使いやすさ
表示スピード
ブロックエディター
複数サイト
使用可能
利用者数
  • SWELLとJINだけを比較したときの点数なので、ワードプレステーマ全体で見ると評価は変わってきます。
  • あくまで僕の感想です。
  • 評判はTwitter調べです。
  • 利用者数、価格は2020年11月現在のものです。

>>SWELLの基本情報を全体的に押さえたい方は、『ワードプレステーマ『SWELL』?知られざる魅力と弱点を解説』の記事からご覧いただいた方がスムーズです。

すけでぃー

ここまでは基本データ!
一歩踏み込んで見ていきましょう!

テーマ選びのポイント5項目で徹底比較

ワードプレステーマを選ぶポイントは5個

テーマを選ぶときに必ず確認しておきたい5項目があります。

  • デザイン性
  • 初心者向けか上級者向けか
  • 使いやすさ
  • 複数サイト使用可能か
  • ブロックエディター対応力

SWELLとJINが上記項目に対してどのくらいのレベルなのかを見ていきましょう。

すけでぃー

上記5項目は後から後悔するランキングベスト5!

デザイン性

SWELLJIN
デザイン性
  • SWELLはシャープでスタイリッシュ系
  • JINはポップでふんわり系

意外と選んでから後悔が多いデザイン性、好き嫌いが完全に分かれるのでしっかり意識しておきましょう。

どちらのテーマもそこまでデザイン性の幅は広くないので、評価を◯にしておきました。

すけでぃー

僕はJINを選んでからSWELLのデザインの方が好きなことに気づきました。

デザインに関しては、好き嫌いなので引き分けですね!

初心者向けか

SWELLJIN
初心者向けか

どちらのテーマも初心者に優しく、それぞれのホームページに使い方が詳しくのっています。

しかしどちらも初期設定した僕としては、JINの方がより初期設定が簡単だと感じました。

JINにはワンタッチでサイトのスタイルを変更する機能があるので、細かな設定が難しい完全な初心者でも簡単に変更可能です。

JINヘッダーカスタマイズ画面
JINカスタマイズ画面
JINカスタマイズワンタッチ
すけでぃー

SWELLは全体の変更こそできないものの、部分部分で変更可能なので慣れれば全く問題ないですけどね!

SWELLヘッダーカスタマイズ画面
SWELLカスタマイズ
SWELLヘッダーカスタマイズ①
SWELLヘッダーカスタマイズ②

初心者向けかどうかはJINが勝利!

使いやすさ

SWELLJIN
使いやすさ

SWELLとJINの使いやすさは全く別物で、SWELLの方が使いやすいです。

ここでの使いやすさとは、記事装飾の使いやすさという面で見ていきます。

  • SWELLはブロックエディターで装飾
  • JINはショートコードを使うので、Addquicktagという外部プラグインで装飾(プラグインなしも可能だが非効率)

初心者の方向けに言うと、

  • 実際の装飾を見ながらできるのがSWELL
  • プログラムコードをワンタッチで入力するのがJIN

記事を書くときの編集画面は以下のようになります。
※どちらも投稿したとき表示される画面は同じです。

JINテキストエディター画面
JINテキストエディター画面
SWELLブロックエディター画面
SWELLブロックエディター編集画面
すけでぃー

明らかにSWELLの方が見やすくて使いやすいのが分かると思います。

使いやすさはSWELLの勝利!

複数サイト使用可能か

SWELLJIN
複数サイト使用可能

SWELLもJINも複数サイトで使用可能です。

すけでぃー

特に問題なく複数サイトで使用確認できてます。

複数サイト使用は引き分け!

ブロックディター対応力

SWELLJIN
ブロックエディター対応力

ブロックエディター対応力は、完全にSWELLが上です。

そもそもSWELLは、ブロックエディターが登場したことによって作られたという裏話があるくらいです。

JINでもブロックエディターを使うことはできますが、まだまだ完全に対応できていません。

すけでぃー

JINを使うならクラシックエディターで使うことになりますね!

2021年12月31日をもって『クラシックエディター』の公式サポートは終了します。
WordPress.org公式サイト「Classic Editor Plugin Support Window」より

ブロックエディター対応力はSWELLの勝利!


すけでぃー

以上5項目から、どっちがおすすめか発表です!

比較項目結果
デザイン性引き分け
初心者向けかJINの勝利
使いやすさSWELLの勝利
複数サイト使用可能引き分け
ブロックエディター対応力SWELLの勝利

結果発表!

2引き分け、JIN1勝、SWELL2勝で、、、

SWELLの勝利です!

\ 今よりブログが楽しくなる /

JINのデメリット

jin

SWELLにはなくてJINにだけあるデメリットを見ていきましょう!

ここまでに紹介した内容は除きます。

人とかぶりやすい

JINは人気テーマなので人とかぶりやすいです。

JINの人はある程度決まったサイトレイアウトになりますし、デザイン的にも分かりやすいです。

すけでぃー

個性的なサイトにしたい人には不向きですね!

アップデートスピードは緩やか

JINはすでに安定してきているため、テーマのアップデートはそこまで頻繁ではありません。

現状ブロックエディターにそこまで対応できていませんが、この先いつ対応できるかは不安が残るところではあります。

何度も言いますが、、、

2021年12月31日をもって『クラシックエディター』の公式サポートは終了します。
WordPress.org公式サイト「Classic Editor Plugin Support Window」より

すけでぃー

もしかしたらテキストエディター終了までこのままかも・・・!?

ページ表示速度が遅い

ワードプレステーマごとにページ表示速度は変わってきますが、JINはそこそこ遅いほうです。

一般的にも遅いと言われれていますが、SWELLに変えた時確信できました。

JINとSWELL使用時のページ表示速度を、PageSpeed Insightsにて測定しておいたので貼っておきますね!

JINのサイトスピード
JIN使用時のページ表示速度
SWELLのサイトスピード
SWELL使用時のページ表示速度

2.5倍もSWELLの方が速いですね!

すけでぃー

ここまでページ表示速度に影響があると、読者さんが離脱しSEO評価を落としてしまうかも!

SWELLのデメリット

SWELLHP

続いてSWELLのデメリットを見ていきましょう!

価格が少し高い

他ワードプレステーマに比べると、SWELLは17600円(税込)で価格が高めです。

しかしその価格には理由があって、ワードプレステーマの価格帯にはこんな相場があります。

複数サイト使用不可10000円前後
複数サイト使用可能+テキストエディター推奨15000円前後
複数サイト使用可能+ブロックエディター完全対応18000円前後
すけでぃー

無駄に価格だけ高いわけではないので要注目!

開発者が了さん一人

メリットでもありデメリットでもあるのですが、SWELLの開発は了さん(@ddryo_loos)というエンジニアが一人で行っています。

了さんの強い思いからこれからも一人で行っていく予定だそうです。
そんな了さんの思いを少しだけごらんください。

複数の専門家が集まって知識を詰め込んだものより、一人がバカみたいにこだわりを持って寝食も忘れるほど没頭して作っているものの方が僕は好きだし、ワクワクしちゃうんですよね。

今日の素敵アカウントSWELL個人開発者の了さん「テーマ制作に人生をかける想い」より
すけでぃー

めちゃくちゃ熱い!
かっこいい!!

とつい思ってしまいますがそんな熱い思いの裏を見ると、『了さんが倒れたらどうなるの?』ともとれますよね。
(縁起でもないこと言ってすいません。)

確かに了さんが倒れたらSWELLのアップデートは途切れてしまいますが、他のテーマでも同じであることに気づいたんですよね。

すけでぃー

メインの開発者さんが倒れたり、テーマ制作会社自体が潰れたら同じことですもんね!

それよりも今最高のテーマを使えるほうがメリットは大きいです!

ブロックエディターには慣れがいる

SWELLのデメリットというよりはブロックエディターのデメリットになります。

これからブログを始める人なら問題ないのですが、今までテキストエディターを使用してきた人は苦労するはず。

僕もテキストエディターからブロックエディターへ移行しましたが、ハッキリ言って最初は使いにくかったです。

でも3日もがっつり使えば慣れてくるもので、今では手足のように使いこなせて超快適になりました!

すけでぃー

どうしてもテキストエディターを使いたいなら、SWELLの持ち味を活かせないので他のテーマにしたほうがいいです。

カスタマイズ情報は少ない

SWELLは比較的新しいテーマなので、カスタマイズ情報が少ないです。

SWELL標準のカスタマイズで大満足レベルですが、すでにカスマイズしまくっている人はSWELLでも問題なくできるか見ておいたほうがいいかもです。

僕はSWELLにしてから一度もCSSなどのプログラムをいじっておらず、全てブロックエディターとSWELL標準のカスタマイズだけでサイトを作り上げています。

すけでぃー

JINのときはプログラムをいじって、かなりカスタマイズしてましたけどね!

>>SWELLのレビューについては、『SWELLのメリット・デメリットを徹底レビュー!【他では聞けない】』で詳しく書いているので参考にしてください。

SWELLとJINの徹底比較 まとめ

まとめ

今回は人気テーマであるJINとSWELLを徹底比較していきました!

再度結論を言いますと、『完全初心者がスムーズに始めたいならJIN』、『今後の快適さを求めるならSWELL』です。

ただし、総合評価としてはSWELLの方が上。

ブロックエディターに完全対応しているのは、それくらいメリットが大きいのです。

すけでぃー

JINは今後のブロックエディター対応に期待ですね!

\ 今よりブログが楽しくなる /

\ 初期設定が楽すぎる /

>>『【徹底比較】『SWELL』VS『人気ワードプレステーマ』【2020最新】』で他テーマとも比較してるので、そちらも見ていってくださいねー!

それでは!すけでぃー(@suked_blog)でした!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる